有明海の珍味をご自宅でも簡単にいただけます

有明海むつごろう甘露煮

干潮時の有明海に広がる干潟を飛び跳ねるむつごろう。柳川では滋養にいいとされる珍味ですが、「調理法が分からない」という声も。そこで、沖端で魚屋と食事処「夜明茶屋」を営む「やまひら」は、むつごろうといえば定番の、甘露煮のレトルトをつくりました。甘辛いタレに包まれた淡泊な白身は骨まで柔らかく、ご飯のおともや酒の肴にぴったり。鮮やかなパッケージは、おみやげとしても大人気です。
Now it’s easy to enjoy an Ariake Sea delicacy at home.

Ariakekai Mutsugoro Kanroni

The Mutsugoro can be found bounding about the tidal flats of the Ariake Sea. The fish is considered a delicious, but people don’t always know how to cook it. Yamahira, operates a sea-food store and restaurant, created a boil-in-the-bag of classic Kanroni (stewed in sweetened soy sauce). The mild white meat is delicious and it is tender so that it is eaten to a bone.
ブランド認定品を巡る旅・探る旅
株式会社やまひら 夜明茶屋
柳川市稲荷町94-1 MAP
電話・0944-72-6256
FAX・0944-72-2509
HP ・http://www.mutugorou.co.jp
よかもん館