09
10月-2018

スポーツの秋になりましたね。
こんにちは、特派員のツツミです。
今回は、卓球の話をしましょう。
少し長くなりますが、おつきあいください。

「森杯」のひとコマ

「チョレイ!」の掛け声でおなじみの男子選手をはじめ
卓球の世界では、高校生を中心に若い選手が大活躍です。
彼らは小さい頃からクラブなどで腕を磨いてきました。

ここ、柳川には民間クラブこそありませんが、
昔から部活動の卓球が盛ん。
卓球界で注目される人物を輩出し、
中学生選手の腕を磨く卓球大会が26年も行われています。

26回目となる中学生の卓球大会

大会の名前は「全九州新人中学生卓球大会 森杯研修会」。
「森杯」の名前は、
柳川市近郊の公立中学校で熱心に指導し
多くの選手を育てた故・森雄三郎先生に由来します。
教え子の一人は元日本チャンピオンで
ソウル、バルセロナオリンピックに出場した渡辺武弘さん
(もちろん柳川市出身)。
渡辺さんは現在、女子ナショナルチームのヘッドコーチですから
国際大会のTV中継等でその姿を見るかもしれませんね。

元オリンピック選手で現在、卓球女子ナショナルチームのヘッドコーチ渡辺さんは、大会のシンボル的存在

その「森杯」は
平成5(1993)年から毎年1回、秋に開催され、
今年(2018)は9月17日(月・祝)、
柳川市民体育館で行われました。

男子25校、女子24校が集結

会場を覗いたら、あどけなさの残る顔に
やや緊張気味の中学生がズラリ。
それもそのはず。
「新人」の名が示すように、この大会は
3年生が第一線を退いた後、
次の主要メンバーとなる
1~2年生を中心にした大会だからです。

聞けば、柳川市内はもちろん、
北九州市や福岡市、太宰府市、
遠くは大分県別府市、中津市、
長崎県佐世保市、長与町などから
今年は男子25校、女子24校が参加しているとか。

その中には、
今年夏の全国大会男子団体で準優勝した
大分県・明豊中学校もいます。
(学校によっては小学6年生の姿も‥)
公式戦でないのに
九州でしのぎを削る強豪が集うのは、
ここが新チームのスタートだから。
対戦によって選手、監督それぞれが
自他のレベルを認識し、
今後の強化策を練ることができるからです。

明豊中(黄色ユニフォーム)に挑む九州のライバルたち

会場には旗がはためき、公式戦さながら

ある学校の監督さんは
「この大会はチームの今後を占う大事な大会。
他の試合に出なくても、これには絶対出る」と
おっしゃっていました。
「ここで準優勝したことでチームに弾みが付き、
県大会、九州大会へとコマを進めることができた」と
喜ぶ監督さんもいました。
どの監督さんも「ありがたい大会だ」と話し、
「このために夏休みの練習を頑張る」のだそうです。

大分、長崎、佐賀からも参加。学校行事で参加できない学校もあり、日程の調整が難しいとか

親御さんの応援も力が入ります

この大会の特徴は、
試合に負けたらハイ終わり、でないところ。
負けた後も空いた卓球台で練習試合ができ、
監督同士の情報交換もできます。
だからこそ「研修会」の名前がついているのです。

卓球台34台と別室の練習場を用意。負けても、申し合わせして次々と対戦し腕を磨きます

大会は、中学生選手の育成を目的に
故・森先生と妻の茂子先生によって開催され、
茂子先生とかつての教え子たちの手弁当で運営されています。

森茂子先生(右2人目)と、教え子で運営ボランティアスタッフの皆さん

始めた当初は夫婦で九州各地の学校を車で回り、
参加を呼び掛けてきたとか。
83歳になる茂子先生の情熱はいまだ衰えず、
各地の試合結果はチェックしておられる様子。
この大会でも目の前の戦いをジッと見つめては
「よく粘っている」と嬉しそうにつぶやいておられました。

選手たちの熱戦を見守るスタッフの皆さん

決勝の審判はスタッフが務めます

優勝した大分県明豊中学校の男子チーム

優勝した大分県明豊中学校(奥)、準優勝の福岡県上毛中学校(手前)の女子チーム

この「森杯」に出た選手が後に
大きな試合で活躍するのを見ることもあるのだとか。
しかし、誰もがオリンピック選手になれるわけではない。
自分1人で勝てるわけではない。
試合に勝てばいいというものでもない。
練習や大会を通じて、人生に必要な礼儀や
協調性、社会性を身に付けて欲しい。
「それを夫は望んだのではないでしょうか」。
森雄三郎先生はお亡くなりになりましたが、
その思いはこうして継承されています。

部活動を経て
仲間やライバルとの戦いを経て
この柳川の小さな舞台から
中学生たちのどんな才能が花開くのか。
楽しみでもあります。
※「森杯」は来年(2019年)も秋に開催予定です。

男子団体決勝トーナメント結果

女子団体決勝トーナメント結果

青春だなぁ‥。みんなガンバレ!

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: