旬のやわらかさそのままに 赤貝本来の味を楽しむ

赤貝つくだ煮

柳川では、有明海の赤貝(サルボウ貝)をミロッゲと呼び、郷土料理として親しまれてきました。昭和二十年創業の佃煮の老舗「古賀儀八商店」では、漁師より直接仕入れた旬の柔らかな赤貝をむき身にし、秘伝の合わせ調味料と炊き込み方で佃煮を製造しています。赤貝本来の味を生かした逸品は、ご飯のおともとしてそのまま頂いたり、お茶漬けやおつまみにしたり使い方はいろいろ。二合のお米と炊けば、赤貝の炊き込みご飯もできる優れものです。
Soft, fresh texture. Enjoy the original flavor of red clam.

Akagai Tsukudani

In Yanagawa, akagai (red clam) from the Ariake Sea is known as mirogge, and it’s a beloved local food. Koga Gihachi Shoten is tsukudani (foods boiled in soy sauce) factory, was founded in 1945, removes fresh, soft akagai purchased directly from fishermen and boils it down in secret sauce. It can be used as an accompaniment for rice. You can also cook it with 0.36 liters of rice to make flavored rice of Ariake sea.
ブランド認定品を巡る旅・探る旅
古賀儀八商店
柳川市矢留本町 210-1 MAP
電話・0944-73-2259
FAX・0944-73-4852
HP ・https://www.gihachi.com
よかもん館