ほのかな甘みと米の味わい 自分の手で焼く素朴さと美味しさ

米せんぺい

北原白秋の「水の構図」にも出てくる、自家製の米せんぺいを干す風景。かつて柳川の多くの家でつくられていた昔ながらのお菓子です。今では、大正三年(一九一四) 創業の「坂田屋」に、その姿をとどめるばかりとなりました。柳川産のうるち米を水洗いし、二日間天日干しして粉に挽いたものを練り、一枚ずつ丸形に薄く伸ばして また天日干しする「米せんぺい」。焼いて食べる素朴さと、焼きたての香りとほのかな甘み。愛されてやまない懐かしのおやつです。
The elegant sweetness of precious rice cracker in Japan

Kome Senpei

This drying rice crackers in the sun, an old-fashioned treat that many homes in Yanagawa used to make themselves. Only Sakataya, which was founded in 1914, has actually inherited tradition today. You’ll like the simplicity of this treat that you roast the crackers yourself, along with their freshly roasted aroma and just a hint of sweetness. Kome Senpei are a nostalgic snack that you can’t help but love.
ブランド認定品を巡る旅・探る旅
坂田屋
柳川市上町30 MAP
電話・0944-72-2377
FAX・0944-72-2377
HP ・http://sakataya.jp
よかもん館