30
7月-2020

柳川温泉「南風」でゆったりした後は、食堂でおにぎりを♬

こんにちは
特派員のババです♬

コロナの第二波などと噂され、少しばかり社会状況が曇り空ですが
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回訪れたのは、日本人のほとんどが好きであろう温泉。
柳川と温泉って全く結びつかないけれど、楽しめる施設があるのです。
こんなジメジメ、ウツウツの日には、身も心もサッパリしに行きましょう。


▲いつものように、福岡から西鉄電車でレッツらゴー。

向かった温泉施設は柳川温泉「南風」
柳川駅から堀川バスに乗り、10分くらいで目的地の「水の郷」に到着です。
「南風」は柳川総合保健福祉センターの中にあります。

柳川温泉「南風」の料金は410円(中学生以上の一般料金)!
これは行くしかありません!
(ちなみにお出かけしたのは、一ヶ月くらい前です。
館内の写真もスタッフの方に断って撮影させていただいてます。)

柳川総合保健福祉センター内にあるという印象から、温泉施設は年齢制限が
あると勝手に考えておりました。


▲南風の玄関


▲中は広々なのです。(わかりづらくてスンマセン)

詳しい写真はHPで確認していただくのがベスト。
大浴場(男湯・女湯)、家族湯があります。
私が利用したのは女湯のみで、サウナも利用可。

人が少なかったせいか、内湯と露天風呂は広々と感じましたよ。
シャワーの圧もしっかりあって(私は強めが好き)、使いやすかった。
シャンプーなどのアメニティも準備されているので
手ぶらで行っても問題ナシ。

大事な温泉の質はやわらかいお湯でした。
佐賀の古湯温泉っぽいと言えばわかりやすいかもしれません。
少しとろみがあるお湯は、美人をさらに美人にしてくれそうです。

ここで、温泉についてもう少し詳しく書くつもりでしたが、
あるモノを食べて感激したので、途中から食レポに変更させてもらいます。

食レポ(じゃないけど)に流れを変えたのは
大広間内にある食堂(?)「水かげろふ」さんがキッカケ。


▲この海苔が特別な一番摘みの「花のり」

この売店というか、食堂(?)のご夫婦は元漁師さん。
煮物や煮卵などなど、小皿に料理が取り分けられてます。

最初は食べる予定はなかったのですが、
あまりに美味しそうなおにぎりだったので、煮物と一緒に食べることに。

すると、お店の奥様が「おにぎりが一番人気なんです」と
ジップ〇ックのような箱から、カットした海苔を渡してくれる。
おにぎりを頼めば、ご夫婦が摘んだ「花のり」が付いてくるらしい。
(「花のり」は一番摘みの海苔のこと。)

写真がヘタクソすぎて大変申し訳ないのだけど、
海苔は漆黒の色だけでなく、紺碧の色が混じっていて
さらに、磯の香りもしっかりある。柔らかいのに、歯ごたえもあって、
花のりを、おにぎりという日本人のソウルフードに
巻いて食べる幸せ。

食堂なのに、おにぎりが一番人気ってどういうことだ?と思ったけど
みんな花のりのことを知っているんだな。
添え物のように写真に写っている煮物も、大根に醤油がしみこんで
なおかつ、煮物には赤貝(?)のような貝が入っていた。
イメージは骨付きチキンだったので、意外性バツグンでした。
ちなみにおにぎりのお値段ですが、180円〜です。

お味噌汁を頼めばよかったかなぁ〜と後悔。
地元で食べる、地元のご飯のおいしさを改めて知りましたよ。

南風に出かけたら、是非、食堂でおにぎりを♬
この海苔は限定枚数なので、「いつか行くときに」なんて思っていては
食べるチャンスを逃しますよ。

▲手足を伸ばせるって気持ちいい←ちょっと違う

************************************************************************
柳川総合保健福祉センター内「南風」
柳川市上宮永町6−3(地図) 電話:0944-75-6200
【開館時間】午前10時~午後8時30分(入場は午後8時まで。)
【休館日】毎週月曜日
************************************************************************

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: