事務局だより

柳川の暮らしを継いで行こう。

投稿日:

 

ども、特派員の綿貫です。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

今年も柳川のいろんなことを皆さんに伝えていけたらと思います。
よろしくお願いします!

そして、かっくん優勝おめでとうございます!!次の春場所も頑張って下さい。

最近寒いですね〜!!
極寒です。
皆さん、雪は大丈夫でしたか??
うちも1日だけ朝、水が出ませんでした。
暖冬はどこへやら??ですね。

皆さん、体にはご自愛ください!

image

 

さて、昨年の1月の私の記事「柳川らしい町並みとは」でお伝えしたように、

2014年10月から、柳川の町並みについて
特に柳川商店街周辺について考える町並みワークショップが開催されていました。

ワークショップの中において、この地域にとって『まちなみとは何か』を考えているうちに

地域が大切にしている人と人とのつながり

であるとか

残したいものをつなぐこと

が柳川らしいまちなみ(=建物だけでなく、人と人との関係やいとなみ)を守り、活かすことにつながると考えるようになりました。

 

image

 

ワークショップは終わってしまいましたが、

地域の方に話をうかがい、
津屋崎や八女福島の先進地の方や九州大学の専門家の指導も受けながら、
「地域で考え行動すること」が、本当の意味でのまちなみを守ることになるのではないかと考え、“暮らす人が喜び、生活をより楽しむためのまちなみづくり”を行うために
平成27年9月任意団体『柳川暮らしつぐ会』を発足しました。
柳川に暮らす人が柳川での暮らしを楽しみ
自慢したくなるようなまちなみ・仕組みづくりを行っていけたらいーなと思っています。

 

image

 

現在のメンバーは、まちなみワークショップからのメンバーが多く、主に柳川市の建築や不動産の専門家、Uターンの若者を含め、柳川の歴史を長く見てきた地元の大先輩など20代~80代までの幅広い世代、バラエテイ豊かな顔ぶれで活動しています。

ちなみに、会員メンバー随時募集中です(笑)
まず、取り組んでいこうと考えているのが、
どの地域も喫緊の課題である『空き家活用』についてです。
今回の断水についても、空き家が問題になりましたね。
柳川でも、地域の宝として継いでいく価値のある建物が、いろんな事情で失われていってます。

そんな中、メンバーの一人が「空き家活用物件第一号」をご提供下さり、活用方法等も決まりつつあります。

image

 

<今後の活動予定>
空き家活用のお手伝い
・建物のお手入れ、補修ワークショップ
・空き家と地域が望む借主とのマッチングのための見学会
・空き家に関する相談窓口、専門家によるアドバイス
・空き家を使ってのイベント企画、スペース貸し出し・・・など

メンバー皆で、話し合いながら柳川らしいやり方を手探りで進めていきたいと考えてます。

これからよろしくお願いします。

柳川暮らしつぐ会
https://m.facebook.com/kurashitsugu/

image

-, , , , ,