事務局だより

柳川古文書館-「秀吉の古文書 – 宗茂、吉政、そして官兵衛 – 」

投稿日:

こんにちは。地域特派員の待鳥です。
柳川で秀吉の古文書が見られる場所があるのをご存知ですか。

ただいま柳川古文書館では
企画展「秀吉の古文書 – 宗茂、吉政、そして官兵衛 – 」が開催されています。

柳川古文書館に所蔵されている国重要文化財「立花家文書」の秀吉の古文書をメインに
「大友家文書」「三池文書」「田中文書」「家長文書」から
立花宗茂や田中吉政宛のもの、黒田官兵衛宛のもの、柳川にゆかりのある古文書や
刀狩り令などの教科書に載ってるようなものなどが展示されてました。

豊臣秀吉の名前で出された古文書が約40点も展示されている事はとても珍しいようです。

柳川古文書館1

貴重な古文書を見てみたいと思って来てみたものの、実は私、書を見るのは苦手です。
各古文書には解説が書いてありますが、せっかくなので、
内容がわからなくても楽しめる見どころを学芸員さんに教えてもらいました。

古文書から、天下人 秀吉 の風格、雰囲気を感じてみてください。

それと、年代を追う毎に紙質や字の大きさなどが変化しています。
今回展示されている秀吉の古文書は、右筆(ゆうひつ)という書記が書いてます。
(秀吉は奥方などの親しい人にしか直筆の手紙を送ってないそうで、公的文書は複数の右筆が書いてます)
右筆が書いた文書を秀吉がチェックし、OK!したら、花押(かおう)という署名の代わりに使用する記号を書いたり、朱印を押したりしたそうです。
この花押や朱印の変化にも注目してみてください。

これだけの数の古文書を一気に展示しているので比べて見るとおもしろいですよ。とのこと。

そして、これは見逃さないで見てください!というオススメ古文書も教えてもらいました。

柳川古文書館3

これは、黒田勘解由(官兵衛)、宮木入道(宮城堅甫)、安国寺 の3名 に宛てた手紙で
秀吉が 立花宗茂を「九州之一物(九州一の男)」と、とても賞賛している内容だそうです。

本来は立花家が見るはずのないもので、もともとは黒田家にあったものですが、
非常に名誉なことなので 立花忠茂(二代目藩主)が黒田光之に懇望して譲り受けたそうです。
表装され、桐箱に入れて、立花家で代々大変大事にされてきた古文書だそうです。

立花家所蔵の秀吉の古文書の中で表装されているのは、この手紙だけ。
どれだけ大切にされてきたのかが わかりますね。

こういう時代背景を古文書から読み解くのも見逃せないポイントのようですよ。

そして、こちらが 教科書でもおなじみの「刀狩令」です。
なんと!? 2枚存在します。
柳川古文書館2

なぜ2通書いたのかは、まだ不明だそうですが、書いてある内容は同じです。
ただ、ひらがなの部分が漢字になっていたり、仮名の使い方が違うそうです。
よーく上下の文書を比べて見てくださいね。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・

柳川古文書館5

たくさん並んでいる古文書を見比べてみると、いろんな変化に気づきます。
秀吉や歴史の雰囲気を味わいつつ、密かに鑑定団気分も楽しめた企画展でした(^-^)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・

s古文書館秀吉ちらし
企画展「秀吉の古文書 – 宗茂、吉政、そして官兵衛 – 」
会期:2014年10月1日(水)~11月16日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし11月3日は開館、翌火曜日休館。)
開館時間:午前9時30分~午後4時30分
場所:柳川古文書館展示室

担当学芸員による展示解説もあります。
10月25日(土)、11月2日(日)、11月8日(土)
※各回午後1時30分より(30~40分程度)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・

そして。

柳川古文書館は博物館ではなくアーカイブ(資料室)のような役割をもっています。
なので、スゴイですっ!!
古文書館に所蔵されている古文書を直接見ることができるんです。
(その時に展示されているものは見られません。)

事前に予約や申請はいりませんが、学芸員がいないと見られないとのことなので、
確認してから行かれた方がいいですよ。
ありのままの古文書を見てください(^^)

柳川古文書館4
閲覧室には 柳川や筑後などの歴史や資料本もたくさんあります。
こちらで本を読むのも楽しそうです。

柳川古文書館は西鉄柳川駅からも近く、目の前はお堀があり、柳川城堀水門がすぐそばにあります。
古文書を見た後に ゆるり歴史散歩されるのもいいと思います。(^-^)

次回の企画展は
風景王国 ー柳川ゆかりの洋画家 龍駿介がみた山河ー
会期:2014年11月19日~2015年1月18日です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・

柳川古文書館

柳川市隅町71番地2
開館時間:午前9時30分から午後4時30分(入館は午後4時まで)
入館料:無料
交通のご案内:西鉄柳川駅から徒歩8分
お問い合わせ・利用申し込み先:柳川古文書館 TEL0944-72-1037・FAX0944-72-5559

-, , , , , , ,