事務局だより

柳川ござはいかがですか。

投稿日:

こんにちは、地域特派員の江口です。

梅雨が明けて、すっかり暑くなりました。室内からじめじめを一掃するためにゴザの敷物が恋しくなりますよね。

柳川で植えられたイ草で織られた、ゴザ織物を見直してみませんか。

ここは柳川の有明海沿岸の両開干拓地で、冬の寒いときにイ草植えが行われています。

昔は柳川の冬の風物詩として何処でもイ草の手植えが行われていました。今では手植えされている農家は数軒となりました。

1407goza09

1407goza090

ここは蒲池でイ草の機械植えが行われているところです。あっというまに数ヘクタールの田圃にイ草が植えられました。

1407goza06

1407goza07

夏になるとすくすくと伸びてきて、収穫となります。以前は手刈りされたイ草を田圃や道ばたに天日で扇子干ししていました。

1407goza05

今では泥染めもしなくて、乾燥して出荷されます。畳表の製造工場へ運ばれ、畳表や上敷きとなります。

1407goza08

またイ草を染料で染め、花ござを製造する工場へも運ばれます。

1407goza01

色んなデザインで、色んな敷物が出来上がっていきます。加工され、イ草のスリッパも出来上がります。他にも寝ござやマットやコースター等さまざまな形や物に作られていきます。

1407goza02

1407goza03

1407goza04

 

ゴザは千年の歴史があり、二酸化窒素を吸収するので空気を浄化してくれる役目があります。このゴザの上に寝転べばとても気持ちが良いです。

柳川で出来たイ草で織られたゴザで、この夏を乗り切りたいものですね。

(株)島松(花ござ) 柳川市高島1912  TEL0944-73-5952

-, , , , ,