事務局だより

沖端川を散策しよう

投稿日:

こんにちは。特派員の待鳥です。
柳川市には沢山の掘割や川が流れてます。
先日、天気が良かったのでその中の1つ「沖端川」と「堰」を散策してきました。

矢部川、沖端川_2

沖端川の水源は矢部川です。
矢部川は、その昔、藩政時代において久留米藩と柳川藩の間で
長年にもわたる水争いがあったほど重要な水資源であり、
農地や生活用水、物を運ぶ水路等、いろんな使われ方をしてきました。
その為、たくさんの堰を作って水を自藩に引き込んだり、洪水対策などをしていたようです。

矢部川、沖端川_1

まずは、矢部川から沖端川へと分水してる地点です。場所は船小屋駅のそばです。
矢部川、沖端川_3
この先、矢部川は柳川市とみやま市の間を通り有明海へ。
沖端川は柳川市内の方へ進んでいきます。

岩神堰_1
沖端川の1番目の堰「岩神堰」です。

現在の柳川市に入るちょっと前に(昔は柳川藩だった場所に)あります。
ここから別れた水は塩塚川に入りこんで民家や農地の間を流れていきます。
(塩塚川は柳川の三橋地区や大和地区などを通って有明海へ流れていきます)

立花壱岐 屋敷跡地
このあたりには柳川藩の家老「立花壱岐」さんが 晩年にすごした屋敷があったそうで・・・
「岩神堰」のそばに、跡地の碑がありました。

立花いこいの森_1
そして、沖端川が柳川に入ったあたりに「立花いこいの森」があります。

立花いこいの森
キレイな芝生が広がっているこの公園の中には塩塚川が流れています。

象の鼻
立花いこいの森の近くには「象の鼻」と呼ばれている堰があります。
象の鼻??? まさか形が象の鼻に似てるからでしょうか?
(わからないので名前の謎は今度調べます・・・。)

ここから別れた水は塩塚川とは別で「岩神水路」と呼ばれる水路となります。
細かく分水して、より多くの農地や生活用水へ活用したり、洪水にならないようにする工夫のようです。

二ツ川堰
さらに沖端川をどんどん下流へ進むと、2つ目の堰がありました。
ここは「二ツ川堰」です。

ここから分かれた水は二ツ川としてさらに旧城下の方へ進み、最終的にはまた塩塚川や沖端川へと合流します。

柳川市_二ツ川
↑この写真は柳川市内の掘割です(掘割へはこの二ツ川から引き込んだ水が使われています。)

磯鳥堰
3つ目の堰「磯鳥堰」です。

ここは沖端川の堰です。柳川市内の蒲池地区、昭代地区、大川市の一部へ水を引き込むとともに、有明海からの海水が上流に逆流しないように堰止める役割もしているそうです。
この日は潮が引いていたので干潟になってますが、満潮時にはここまで海水がくるようです。

磯鳥堰から先の下流には堰はありません。
堰はありませんが現在は水門や排水門などで調節ができるようです。

今回の散策はこの先が一部工事中で川沿いを通れなくなってましたので
こちらで終了しました。

沖端川川沿い
のんびりとした景色を見ながら川沿いを散策したり、
歴史的な探索をしたりするのもタマには良いですね(^^)。

-, , , , , , , , ,