29
6月-2011

柳川のしゃっぱ

しゃっぱ漁をされている沖の端の松田さんを訪ねました。

有明海のシャッパは3月から6月にかけて旬で、漁の方法は直径70センチほどの専用の籠に餌の秋刀魚の切り身をいれ12mの間隔で500個を仕掛けるそうです。翌日、、多いときには一籠に5匹ほど入っているそうです。近年では漁獲量も少なくなり、型も小ぶりになったとの事です。その貴重なシャッパは翌早朝の魚市場に生きたままで出荷されます。

美味しい食べ方を尋ねたところ「煮つけが一番美味しいね。子(卵)の入ているメスはなおさら美味しいですね」とのことでした。

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: