20
12月-2012

柳川の「ほんげんぎょ」

この季節、田んぼの中にピラミッドのようなものが、市内あちこちで見られるようになってます。

地方によっては「ドンド焼き」とも呼ばれていますが、柳川地方では「ほんげんぎょ」と呼ばれています。

ずんぐりむっくりしたものやスマートなものなど、それぞれ、形に特徴があります。

高さも、2段ばしごをのばしてやっと届くような立派なものもあります。

うちの子ども会でも数十年ぶりに、この「ほんげんぎょ」を作ってみようかという話になり、こないだおじいちゃんの手もかりながらつくりました。

年があけて、このほんげんぎょに火をつけて、火にあたりながら一年間の無病息災を願います。

まだ、いつ火をつけるかは決めていません。

竹で骨組みをつくります

骨組みをしっかり固定

中に、ワラや葦など入れていきます

ワラを上から巻いて、きれいに仕上げていきます

 

完成しました

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: