19
1月-2016

柳川の伝統行事 ほんげんぎょう

ブログ特派員の寺島です。気が付いたら一月も半ばを過ぎてしまいましたが、改めて、
新年、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!(≧▽≦)!

それでは、新年まず一発目は・・・
1月10日(日)午前8時より、昭代カントリー裏の田んぼで、七ツ家子供会育成会主催で開催された『ほんげんぎょう点火』をご紹介したいと思います♪

DSC_3747
ほんげんぎょうとは、青竹や藁で櫓を組み、その中に門松やしめ縄、古い御守りなどを入れて燃やし、新しい年の無病息災を願う、昔から筑後地方で行われている伝統行事です。

DSC_3751
・・・ウソであります(-_-;)
私、現在は久留米市在住の為、この日は前日から実家入りし、この日は朝7時に起きたんですが、私の相棒カイちゃんは、私が起きるとモソモソと布団から抜け出し、私の父親の布団の中へもぐりこんでいきました(^▽^;)
起きたのは家を出る寸前であります・・・。

DSC_3758

DSC_3759
朝早かったので、めっちゃ寒かったです!
でも、天気が良くてよかった!
実は私、七ツ家子供会のほんげんぎょうに参加させて頂くのは、今年で3年目です。
ほんげんぎょうなんて小学生以来だったんですが、ちょっと懐かしく思い参加させて頂いたんですが、温かく迎え入れてもらえました♪

DSC_3765
あまりの寒さに、カイちゃんで暖を取る地元のチビッコたち(笑)
『ワンちゃん、あったかい!』と言われまくって、服の中にまで手を入れられて触られまくる始末・・・( ´艸`)

DSC_3772
年々、参加する子供さんたちの数が減っているとのことだったんですが、せっかく身近にある伝統行事なので、いつまでも参加しつづけて欲しいものです。

DSC_3768
ある程度、人数も揃ったところで、公民館長さんからの新年の挨拶です。

DSC_3773
そして大人と子供、それぞれの代表の方たちが、松明に火を灯して、いよいよ櫓に点火します。

DSC_3775

DSC_3777

DSC_3779

DSC_3781
櫓は骨組みを竹で組んであるので、火が付くとものすごい音がします。
もう、バキバキバキ・・・!って、まるで雷でも落ちたかのような大音響です!
そんでもって、藁が燃え出すと、これまた煙がスゴイっ!

DSC_3785

DSC_3790

DSC_3791
今では、なかなかお目にかかれない火祭りであります。
ちなみに、これだけの勢いで燃えるので、当然、藁が燃えた灰の舞い方もスゴイです(笑)

DSC_3801
今年一年、みんな病気もせず元気に楽しく過ごせますように!

DSC_3804
そして、櫓の側では子供会の皆様による、お汁粉などの振る舞いがあってます♪
その場でオモチを焼いて、温かいお汁粉に入れてくださるので、燃える櫓の側でだいぶ体は暖まっているとはいえ、寒空の下、体の中から温もる~!(≧▽≦)!

DSC_3762
朝早く、寒い中でしたが、とても貴重な体験をさせて頂きました。
そして、子供会育成会の皆様方、お疲れ様でした!
チビッコたちも、寒い中、とても元気に走り回って、やっぱり家に引きこもってゲームばっかりやっているよりも、断然良い笑顔を見せてくれてると思いますよ(*^_^*)

来年も、是非、また参加させて頂きたいと思います。

ほんげんぎょうは、毎年、1月の第一週、第二週の土日辺りに、柳川市内の各地で行われていますので、皆様も是非、機会がありましたら、お近くのほんげんぎょうに参加してみてくださいね♪

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 3 Comments
Share this post: