14
12月-2012

柳川菓子職人の技

うまかもんつくりぐっちょキャンペーンチラシ作成のため、各店舗をまわりました。

あらためて、柳川の菓子職人さんの技の高さを感じました。

柳川は城下町であり、和菓子屋さんがたくさんあります。

へそ栗山本舗「松福」さんでは、「さげもん」と「宝袋」の生菓子を見せてもらいました。

(上が「さげもん」、下が「宝袋」)

ひもの結び具合から、先っぽのフサフサまで細かくできています。

パーツパーツを先に作って、完成品をイメージしながら組み立てていくそうで、手品のようです。

松福さんは、創業70年になり、現在3代目。

今回のうまかもんつくりぐっちょでは、「柳川いちご畑」(110円)を開発され、お店では販売されています。

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: