27
2月-2017

柳川雛祭り さげもんめぐりが始まりました♪

こんにちわ、特派員の寺島です。
ついこの間、お正月を迎えたなぁ~と思っていたら、あっという間に春ですっ!
柳川名物、さげもんめぐりの季節がやってきました♪

去年は一日で柳川中のさげもんをすべて見てまわろうとして・・・
柳川は私が思っていたよりもずっと広かったです・・・(笑)
とても一日で見てまわるのはムリでしたっ!

というわけで、今回は何日かにわけて見てまわって、楽しく取材&レポートを出来たらいいなぁ~と思っています(≡^∇^≡)
どうぞ、気長にお付き合いくださいませ♪

それでは、今回取材させて頂いたのはコチラ!
本城町農業倉庫内で開催されていた、『柳川さげもん・まり大展示と光の共演』です。

DSC_7394

去年は『雛たちの晴れ舞台』と題して、21段飾りのお雛様で度胆を抜いてくれましたが、今年は少しばかり趣向が変わって、向かって左側が売店などの無料スペース、右側が有料の展示スペースとなっていました。
入場料は300円で、可愛いカバ印のお米のプレゼントがあります♪

それでは、まずはちょっと様子見と行ってみましょうか!(≡^∇^≡)

入口は少しだけ薄暗くなってます。
それは、こんな可愛いさげもんランタンが出迎えてくれるからっ♪(≧∇≦)♪
去年もたくさんのさげもんを見てまわりましたが、今回ランタンというのは初めてでした。
温かく柔らかい光が、絶妙なバランスでさげもんとマッチしてますね♪

奥に進んで行くと、さげもんとまりの展示。

こちらでは、日本三大吊るし飾りについての説明も表示されています。
その中で、柳川のさげもんの箇所だけ抜粋します。

《柳川のさげもん》
福岡県柳川のひなまつりに飾る『さげもん』は、江戸時代末期より、女の子が生まれた家に『初節句のお祝い』として、布の端切れで小物を作り飾ってお祝いしたのが始まりだとされています。
『さげもん』は、ひな壇の両脇に飾られ、客人を招いたお祝いの席で披露されました。家族・親戚・近所の方など、たくさんの人に祝ってもらった女の子には、たくさんの幸せが訪れると言われています。

そういえば私が子供の頃は、よく近所の家のお雛様飾りを見せてもらいに行っていました。
確か知らない人の家でも、『お雛様を見せてください♪』と平気で出掛けていたような・・・(笑)
綺麗なお雛様を見て、お菓子を頂いて、上機嫌で帰っていたことを思い出します( ´艸`)

続きまして、豪華絢爛なお雛様飾りの紹介です♪

子供の頃は、こんな大きな雛壇がある家に憧れたものです。
なんせ我が家には、小さなガラスケースに入ったお雛様飾りしかなかったもので(^▽^;)
しかもね、その雛飾りも、我が家の母が不精で手入れを怠ったせいで、とても表に出せない姿になってしまいまして・・・(-_-;)
本当によそ様のお宅の雛壇がうらやましかったなぁ~(笑)

目にも鮮やかなお雛様とさげもん、まりの世界を堪能したあと、中山の藤棚を模した空間を通り抜けると・・・

ちょっとびっくり仰天な巨大ランタン雛壇がお出迎え♪

本当に大きいです!(笑)
え~!?ってびっくりした!(≧∇≦)
まさかのお雛様ランタン♪♪
その向かい側には、箱雛と十二単の着物などが展示されていました。

のんびりと鮮やかな展示物を見て楽しみながら、次はなにが待っているのだろうとワクワクさせるような・・・そんな見事な空間に仕上がっています。

2月も後半に差し掛かり、真冬の寒さも少しばかり和らいできたような気がします。
天気が良い日は、コートを着ているのが暑いほど!
私はこの日、沖端近辺を散策したのですが、たくさんの観光客で賑わっていました。

柳川のさげもんめぐりも、まだ始まったばかり。
みなさんも、春の陽気に誘われて、お雛様見物に出かけてみませんか♪♪


0

 likes / 0 Comments
Share this post: