27
9月-2013

柳川駅が生まれ変わる!!

初めまして、こんにちは!

今回特派員に任命された、与田です。

担当は蒲池になりますので、基本的には蒲池にクローズアップした内容をUPしていきます!

また、市外に向けた情報発信を兼ねて柳川市内の色々なお店を取材していきたいと思っておりますので

よろしくお願いします<m(__)m>

 

と言いつつも取材の方が追いついてませんので、

今回は柳川の玄関口「西鉄柳川駅」について書かせて頂きます(頑張って今後回ります!)

【水郷柳川の玄関口 西鉄柳川駅!】

柳川市には現在6つの電車駅があります。(合併前は実は西鉄蒲池駅だけしかありませんでした)

その中でも西鉄柳川駅は乗降人数が1日平均11594人と大勢の方が利用される駅です。(2位の西鉄中島駅が959人なので、ほぼ12倍ですね。我等が蒲池駅は6駅中4番目の383人)

特急・急行が停まる駅でもあるので、福岡から最速47分!久留米から最速17分!

まさしく、水郷柳川の玄関口と言える西鉄柳川駅です。

西鉄柳川駅

私も毎日の様に利用しているわけで、最近柳川駅で工事が行われているのが気になったので調べてみました!

【生まれ変わる西鉄柳川駅】

現在の平屋建て駅舎を橋上化し、改札口や駅務室など駅機能を2階に移設。明るく開放的な待合スペースを設けるとともに、多機能トイレを設置するなど 快適な空間に整備する。1階は店舗とし、にぎわい施設の拡充を図る。駅舎側壁は全面ガラス張りとなり、明るく開放的な空間を演出。柳川市が駅舎北側に新設 する橋上の自由通路と2階を接続することで、駅東側からのアクセスも可能にする。

自由通路にはエレベーターとエスカレーターを設置するほか、新駅舎(既存跨線橋含む)にエレベーターを増設。駅利用者の動線の段差をすべて解消してバリアフリー化する。

駅舎内の照明はすべてLED化。複層ガラスや節水型トイレを採用するなど、環境にも配慮した駅舎とする。駅舎の面積は、現行の約990平方メートル から約1,360平方メートルへと拡大される。工事費用は約12億円。今年3月に着工し、8月には駅舎の一部を解体。2015年4月に2階改札口の供用を 開始し、同年9月の完成をめざす。

φ(゜0゜*)ホォホォ

長ったらしい文章を引用してみましたがイメージ図はこんな感じらしいです

柳川駅外観イメージ

w(゜ー゜;)wワオッ!!

近代的な駅だ・・・!

文章読む限りでは東口改札を作るわけではなく、東側を結ぶ自由通路からそのまま改札に行ける形になるんですね。

2階に改札が出来るとの事で特急駅で唯二エスカレーターが無い柳川駅にもついに出来てしまうのではないかと今からワクワクです♪(大牟田駅は改札からホームに直接なので入れてません)

慣れ親しんだ駅舎が変わっていくのは寂しいですが、柳川らしい外観の新駅舎になることを期待しています!

新駅舎になる前にも是非柳川へ遊びに来られてください♪

西鉄電車でお得な割引付ききっぷも販売されてますので、お越しの際は利用するとお得ですよ!

柳川特盛きっぷ

上のリンクは西日本鉄道株式会社のHPになります。

 

記事引用:マイナビニュース

記事参考:西日本鉄道株式会社HP

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 34 Comments
Share this post: