今回で3回目になる、「うまかもんつくりぐっちょ」。

今回のお題はイチゴの「あまおう」と「なす」と「赤貝(正式にはミロッゲ)」。

3商品とも柳川を代表する農水産物で、この材料を使って柳川発の新商品をつくろうというのが「うまかもんつくりぐっちょ」です。

現在、市内13事業者のみなさんが、試作品づくりに試行錯誤されています。

今回初めて参加される、中華厨房「川龍(せんりゅう)」では、試作品が完成に近づいたという話を聞きましたので、お店を伺いました。

「川龍」は、柳川警察署前の県道を東に進み、国道208号と交差する三叉路の左側にある、黄色い(かなり目立つ)旗が目印のお店です。

店主の江口さんは、大牟田や熊本のホテルで15年間中華の修行を積み、昨年6月、生れ育った地元で店を開店させました。

江口さんが試作したのは、杏仁豆腐にあまおうのソースをかけた「あまおう杏仁豆腐」と、あまおうとカスタードクリームをサンドして春巻にした「あまおう春巻」。

2商品とも試食させてもらいましたが、プリプリの杏仁豆腐とあまおうソースの絶妙なバランスの「あまおう杏仁豆腐」、パリッとした春巻の中に、とろっとした、あまおうとカスタードクリームの味が広がる「あまおう春巻」。

さすが中華のプロが作った料理だけあり、こだわりを感じました。

江口さんの試作品は市報柳川9月15日号で紹介されます。

「うまかもんつくりぐっちょ」は10月末に試作品発表会を行う予定です。

試作品を並べる江口さん

☆中華厨房「川柳」 柳川市三橋町今古賀12-1 TEL/FAX 0944-72-6153    昼11:30~14:30  夜17:30~22:00 定休日:月曜日

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: