27
6月-2011

東峰村からのお客さん

よかばんも~柳川をキャッチフレーズに活動して、早1年が過ぎました。

長崎県の大村市や長野県飯山市、香川県坂出市などからの行政視察

も増え、少しずつ、世間の皆様に知られつつあります。

そんなある日、福岡県朝倉郡東峰村からお客さんがありました。

宝珠山ふるさと村の高倉さん

JA筑前あさくらの佐々木さん

東峰村役場の矢野さん

有明海海苔共販連でお話合い

東峰村の「山の産物」と柳川の「海産物」をお互いに交換できたら~と

相談に来られました。

なので、柳川からは今回ブランド認定した13品を紹介しました。

その中で、「福岡のり」を東峰村の道の駅小石原に置いてもらうよう

になりました。

高橋商店社長とお話合い

東峰村からは、村の特産物“ゆず”(年間15t生産)の紹介があり、

大ヒット中の「ゆずすこ」を生産している高橋商店を訪れました。

ゆずは、需要が伸びており、イタリアでは「YUZU」という言葉が

固有名詞としてひろがっているそうです。

片方で、ゆずは作付けから出荷できるまでに20年かかるそうで、

生産地となるには、先見の明と大変な苦労があるとのこと。

「良い商品を作るには、生産者を大事にする。」ことが1番!

と 25年前から生産者とお付き合いをされている高橋社長の言葉。

ヒット商品は、一朝一夕ではできない・・・  深~い話でした。

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: