08
9月-2011

静かに時が流れてゆく場所

路地裏にひっそりと佇むコンクリートレンガ造りの倉庫。

移りゆく柳川の時の中で、この倉庫は何を見て聞いてきたのだろう。

ここは、まさしく静寂の場所。風にそよぐ木の葉の囁きが聞こえてきます。

江戸前期の柳川藩儒学者「安東省庵」(1622-1701)とそのお弟子さんの墓が夏の終わりの日差しに輝いていました。長崎に亡命してきた明の朱舜水に師弟の礼を執り、経済援助をした人でもあります。さて、現代に安東省庵先生が生きておられたら……

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: