25
4月-2011

市民公開講座「地域ブランドによる地域の活性化」

torikumi01

 

産学官連携事業により、「地域ブランドづくりによる柳川の活性化」をテーマとした「市民公開講座」を平成21年に計4回開催しました。

柳川市は、年間100万人を越える観光客が訪れる観光都市です。しかし、有明海で獲れる水産物や広大な筑後平野が育む農産物など、多くの地域資源に恵まれた地域でもあるにも関わらず、これらの地域資源を、十分に活用できていないといった現状にあります。

このようなことから「柳川地域ブランド戦略構想」を策定し、産学官民からなる組織づくりを始めました。将来、独自性のある 「商品やサービス」を創造し、「地域の良好なイメージ」を醸成することにより、「柳川市の魅力」をアピールし、外部からの来訪者や購入者を増やし、地域外 からの金や人を呼び込み、それを地域や企業の発展に繋げるための指針として進めていくことを目標とし、その一環として市民公開講座を開催しています。

 

産学官連携の取り組み

柳川市では平成20年度に九州産業大学と連携し、柳川市観光振興計画を作成しました。その施策の一つににあるものが「産学官連携事業」です。柳川市独特 の観光資源を将来的にリーディング産業として磨きをかけ、“水郷柳川”のブランドを確立するために、平成21年度から観光の専門学科を持つ「九州産業大学 商学部観光学科及び芸術学部」と連携し、観光を起爆としたまちづくりを行っています。

 

◆平成21年度事業 ※観光産業学科

 

「市民公開講座」の開催

九州産業大学商学部教授や有識者を柳川に招いて、「地域ブランドによる柳川の活性化」に関する講座を4回シリーズで開催し、地元住民や産業界へブランドづくりの重要性を啓発しました。

 

第1回市民公開講座『新たな観光まちづくり』
講 師:九州産業大学商学部観光産業学科 教授 千相哲氏
平成21年10月18日(日)柳川総合保健福祉センター水の郷

 

・柳川のイメージ調査結果・柳川観光の特徴・改善が求められるところ

 

第2回市民公開講座『柳川ブランドの創造』 講 師:農林水産省 地域ブランドプロデューサー 田坂逸朗氏 平成21年11月8日(日)柳川総合保健福祉センター水の郷

 

『柳川ブランドの創造』議事要旨

 

第3回市民公開講座『柳川ブランドを世界へ』
講師:九州産業大学商学部商学科 教授 山川雅哲氏
平成21年12月6日(日)柳川総合保健福祉センター水の郷


『柳川ブランドを世界へ』議事要旨

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: