28
1月-2014

新春初舞と400年の歴史

1月に入り、忙しい毎日を送っている綿貫です。
成人の日に、飛龍会毎年恒例の初舞に参加してきました。

1月の第二日曜日あたりに
いつも三柱神社で一年の最初の奉納を
させていただいてます。
今年は初めて沖の石太鼓さんもご一緒させていただいきました。
IMG_5904

寒い中、勇壮に太鼓を打つ姿に惚れ惚れします。
IMG_2444

太鼓の音と神聖な場所が、
改めて、身が引き締まり
今年一年の躍進を決意させます。

今年一年も前進前進。

さて、今日はもう一つ是非書いておきたいことがあります。

三柱神社の近く、国道橋(柳川橋)の北西側に大きなクスノキがあるのをご存じでしょうか??
。。。。正確には、「あった」のを。
18日に伐採されてしまいました。
IMG_0763

400年近く柳川を見てきた。
前にある堀が柳河城下をわける時代から。
柳河城が炎上した時も
戦争時も、掘割が埋め立てられようとした時代も。
川下りが有名になり出した時も。
ずっと柳川を見てきた。

そんな歴史ある木が
あっさり切られて、
ほとんどの住民に知られず、
いつの間にかいなくなる。

それでいいのだろうか??

観光地柳川、歴史ある町柳河。
こんな観光資源にあふれた場所は、全国そんなにない。
私が変えたい柳川は、たくさんの魅力にあふれている。
その、たくさんの魅力の一つをむりやり剥ぎ取られた気分だ。

日本の制度上、あのクスノキはある人、もしくは団体の所有物だったかもしれない。
ですが、まぎれもなく柳川の、柳河藩時代からの住民の財産だったはずです。

。。。。クスノキは樟脳になるとか?
せめて、よくきく樟脳になってほしいと願うばかりです。
IMG_0199

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: