02
9月-2015

こんにちは。 特派員の水落です!

柳川の特産品には、いろいろなものがありますが、そのひとつに巨峰(ぶどう)があります。

私の地元でもある、有明海に面した柳川市の両開(りょうかい)干拓地は巨峰の産地です。

先週、8月29日(土)の10時より、両開の「伊藤さんの巨峰畑」で収穫体験がありました!

あいにくの小雨模様でしたが、市内から20名ほどの家族連れの方が参加していました。

はじめてぶどう畑を見た方は、ぶどうの枝が広がる「ぶどう棚」に驚かれていました!

DSCF5841

食べ頃の収穫可能な巨峰には、事前に伊藤さんから 袋に印をつけてもらい その中から

みなさんが巨峰の房を実際に持ってみて重い物や袋の隙間からのぞいた巨峰の色や粒の

大きさを目で確かめながら、自分好みの巨峰を収穫されていました!

DSCF5830

DSCF5832

JA柳川のぶどう部会の方々の協力のもと、参加者のみなさん一人一人に、
甘い巨峰の見分け方など、「収穫の仕方」を丁寧に説明されていました。

子どもたちは初めて見る、巨峰畑の広さにびっくりしているようでしたね 😀

袋の隙間からぶどうの房を真剣にのぞく姿もかわいかったです。

 

DSCF5834

DSCF5844

DSCF5840

 

 

自分が採った巨峰を口にほおばり「わ~!このぶどう甘くておいしいね!」そんな声が聞こえていました。

DSCF5855

 

 

3ヶ月になる赤ちゃんを抱っこしながらの巨峰収穫、お疲れ様でした!

DSCF5836

 

 

収穫を終えるとテントでは、「巨峰のスムージー」が作られていました!

種を取って皮ごと凍らせた巨峰と牛乳と氷をミキサーで混ぜれば「巨峰スムージー」の出来上がりです。

私は「スムージー」といわれてもピンとこなくて出来上がりを見て「あ~!これがスムージーね。」

「名前がしゃれと~!」帰って調べたら英語でした。(笑)

DSCF5856

DSCF5854

巨峰の甘さと牛乳が、ほどよく合わさり、砂糖など入れなくてもおいしい自然の甘さのスムージーになりました!

美味しかったので私は、2杯いただきました 😉

ぶどうが食べきれずに余ったときは、冷凍しておけば簡単に作ることができますね。

巨峰3粒+牛乳100cc+氷1個の割合が目安です。

どうぞ、みなさんも試してみてくださいね!

 

今回は雨の中での収穫体験となりましたが、子供たちをはじめ、参加された方々はみなさん笑顔でしたね!

夏休みの良い思い出になったでしょうか?

 

ちなみに、次回の収穫体験はいちじくを予定されているそうです。

決まったら、この、よかばんも~ホームページに掲載されますので、
チェックしてください。

 

■問い合わせ・申込先 柳川ブランド推進協議会(事務局 柳川市役所柳川ブランド推進室)

TEL:0944-77-8722・FAX:0944-76-1135

Eメール:yokavanmou-0930@city.yanagawa.lg.jp

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / One comment
Share this post: