27
3月-2014

くもで座の公演が盛況でした。

こんにちは、地域特派員の江口です。

すっかり春めいて、桜の開花が始まり、菜の花真っ盛りとなりました。

先日の3月22日、23日に柳川市民劇団「くもで座」の公演が柳川総合保健福祉センター「水の郷ホール」で行われました。「柳川国盗り物語~宗茂再起への道~」と題して、柳川藩主・立花宗茂公の大義を貫いた男の感動の物語でした。

宗茂公が立花道雪の娘・誾千代の婿となり、柳川城主になった後朝鮮出兵があり、関ヶ原の戦いで西軍に味方し、柳川を追われる身となります。その後、流浪時代を経て、奥州棚倉の領主となり、徳川家に忠誠を貫き、秀忠公の命により田中忠政後の領主として柳川へ返り咲いた物語でした。なんとも大河ドラマを見るような感じでした。その一面を写真でアップします。

 

DSC_2916 DSC_2933 DSC_2943 DSC_2953 DSC_2957

DSC_2969 DSC_2986 DSC_2991 DSC_3000

くもで座の劇団を指導している田中はくどうさんが作・演出をされ、音響効果を南部智子さん、水の郷くらぶのスタッフや監督さんなど多数の協力の中で公演が成り立っています。

くもで座の団員はもとより、下塩塚忠太郎一座や特別出演者の中で、玄人はだしの演技が行われ、感動しました。

くもで座の公演は一年に数回行われますので、見に行かれて下さい。面白いです。

この柳川市民劇団くもで座は毎週金曜日に練習が行われています。劇団員を募集していますので、我こそは劇に出たいという人、募集しています。

くもで座に関するお問い合わせは、事務局(柳川総合保健福祉センター内)まで

電話0944-75-6200

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: