2015繝輔y繝ゥ繝ウ繝医y隱榊ョ壼刀-逕サ蜒・_4KT3391_4KT3312

ほのかな甘みと米の味わい
自分の手で焼く素朴さと美味しさ

北原白秋の「水の構図」にも出てくる、自家製の米せんぺいを干す風景。かつて柳川の多くの家でつくられていたという、その昔ながらのお菓子は、今では「坂田屋菓子店」にその姿をとどめるばかりとなりました。

地元柳川産のうるち米を水洗いし、二日間天日干しして粉に挽いたものを練り、一枚ずつ麺棒で丸形に薄く伸ばして、また天日干しする「米せんぺい」。焼いて食べるという素朴さと、焼きたての、いい香りとほのかな甘み、米そのものの味わい。一世紀愛されている、柳川伝統の懐かしのおやつです。

坂田屋菓子店

柳川市上町30

価格 1,200 円(11枚入)
電話・ファックス 0944-72-2377
HP http://sakataya.jp/

メール info@sakataya.jp

Komebana

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / One comment
Share this post: