28
9月-2016

“”あつ~い猛暑・川下りナシ・車もナシ”でも、楽しめました柳川女子旅♪【魅力再発見:三柱神社⇒古文書館のコース】

こんにちは、特派員の澤田(サワダ)です。

imgp2774

 

 

 

 

 

33度の猛暑が続いていた8月の終わりに、

・暑すぎるから、川下りは見送り

・移動手段の車ナシ

という状況で、2名の女子を柳川案内してまいりました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)旅のコースは、こちら

三柱神社

『カフェ スナグリ』でランチ

古文書館

『御花』に宿泊

 

けっこう地味っ! ですが・・・

結果、「また柳川へ来たい!!!」と、大満足で帰ってくれました。

 

地元にいるからこそ、見落としている

地元の資源があるっ!

それに気付けたこの旅、ご報告します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)三柱神社へ

戦国無双のゲームで『立花誾千代姫君』を愛用していたので、

三柱神社へ寄ってみたいと言われた時、

観光地としては地味すぎないかなぁ~と思いつつも、

まずは、三柱神社へ。

※最近の三柱神社は、武将ブームと歴女ブームで若い人の参拝客が少しばかり増加。とのこと。(BY神主さん)

pdsc_0382

 

三柱神社に到着し、鳥居を見上げると、

なんとなく、いつもよりドッシリと構えている感じが。

pimgp2765

 

そして、鳥居をくぐろうとした瞬間、

ものすごく強い風が、

神社の中から吹いてきました。

お伊勢参りのテレビで見たのですが、これは神様が、

「いらっしゃいー。よく来たね。」

と、言ってくださってるそう。

 

参道も大きな木々が木陰を作ってくれていて

猛暑でしたが、心地よい気分で歩けます。

imgp2766

 

そうこうするうちに池に到着。

dsc_0383

 

「本と飲み物持って、何時間もいられる。(断定)」

「家が近くだったら、毎日お散歩すると思う」

と、お池を大絶賛!!

 

その後は、ひんやりとした手水で、手と口を清め、手を合わせました

 

imgp2776imgp2772

33度の猛暑日でしたが、夏のお昼の三柱神社は、

緑がとても鮮やかで、空が青く、鳥居の朱色が美しく、

思わず立ち止まり、見惚れる場所がたくさん。

本当に気持ちよく参拝できました。

imgp2779

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ところで、お堀の橋の上で、必ず人に薦めるのが、

「橋の上で、お堀に向かって立つと、

風が身体の中を通り抜けて、

すごく清々しい気にリセットされる」

という、ヤナガワパワースポット。

今回は、後ろからの心地いい風が吹き、

神様が「がんばってね!」と背中を押してくれるのを感じ

「嬉しいねぇ」と、言い合いました。

pdsc_0386

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)ランチは、『カフェ スナグリ』へ

こちらは、

ロケーション、眺め最高、天井が高く、

アート空間で、とにかく空間が気持ちいいレストラン。

imgp2785imgp2790

imgp2783imgp2791

美味しくて、お手頃価格なランチが充実。パスタ、ピザなどはもちろん、

サイコロステーキ定食など、がっつり系のメニューもあるので、

「オシャレカフェとか、俺は苦手男子」も同行OK!

バリアフリーな入り口・広めのトイレ完備です。

imgp2762

念願のシンガポールチキンライス!

アジアン料理好きには、たまらない味です。

かなりこだわって現地の味をそのまま再現されており、

◎博多華丸大吉さんにも

「某テレビ収録で、1週間前に高級店で食べた

チキンライスよりはるかにおいしい!!」

と、お墨付きをもらったそう。

 気持ちいい店内、美味しいランチに女子トークが弾みます!

詳細⇒http://www.ensen24.jp/shop/149/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)次は、『古文書館』へ

歴史に興味あるとのことだったので、行き先にしたものの、

「建物の中どうなってる!?楽しんでもらえる!?」

と、正直なところ、不安を抱えつつ・・・

imgp2803

しかーし、

『読まない古文書』(そもそも読めないしね・・・)

という秀逸な企画を展開しておられて、

友達は、大満足で、テンションうなぎ昇り!

imgp2794imgp2796

imgp2798imgp2797

冒頭から、「『くずし字』を読まないで」と先制パンチッ!

・紙を見る

・形を見る

など、周辺から攻め、

初心者さんでも、ここの企画展を一周するだけで、

古文書の面白さが、それとなーく、かじれてしまいます。

 

imgp2800imgp2799

「古文書って全く興味ないなぁ」と思っていた私でも、

左の「倹約」と、右の「事」が読めた瞬間、

意識が過去にグググーとひっぱられ、一瞬タイムスリップしたような

不思議な感覚がありました。

「おもしろい!」

 

歴史を重ねた展示物が放つ独特の重厚感、

非日常の静かな雰囲気。

古文書を知らない人でも

30代以上には案内すると喜ばれそうと感じた

『古文書館』でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5) さいごに

今回の案内の際、

旅人の視点で、

いつも住んでいる柳川を見てみると

景色のきれいさや人の親切さが、輝いて見え

それが身体に充電されていくような

濃密な時間を過ごすことができました。

imgp2780

 

柳川は、不思議な場所で、

外から来た人が、柳川の土地に住んでいる人と話すと、

みんな気持ちがホッコリなって、心がほどけるんですよね。

そんなシーンをこれまで何度も目にしました。

 

柳川女子旅では、

★とにかく、地元の人と話し

 良さを実感してもらうこと

 

★訪れた場所の気持ちよさ

 共有して、一緒に味わうこと

そうすると、柳川の素材の良さ、土地が持つ癒しのパワーが伝わり、

柳川が特別な場所になってくれるファンが増える

そんな気がしました。

 

imgp2802

このたびは、数ある魅力的な九州観光の中から

柳川を選んで来てくれて、本当にありがとう。

また来てねー!

 

 

 


0

 likes / 0 Comments
Share this post: