29
5月-2012

じゃがいも掘りは よかばんも~!

平成24年5月26日「じゃがいも掘りはよかばんも~ 畑でじゃがバター!」が、両開ひまわり園横の山田さんの畑で開催され、大人から子どもまで17名の参加がありました。

この催しを企画したのは、農産物を活用した体験型の交流をすすめる「よかばんも~おいでん会」。

有明海の両開干拓で育った「新開(しんかい)じゃがいも」のおいしさを多くの人に知ってもらおうと、昨年からこの企画を行っています。

じゃがいもは、2月中旬に種イモを植え、5月の始めには紫色の花を咲かせていたとのこと。

収穫では、まず茎を引き抜いた後、イモをスコップで掘っていきます。茎を引っ張ると、すぐにイモがコロコロと姿を出します。

大きなものは長さ20センチは超えるものもあり、イモが顔を出すと子どもたちは大喜びでした。

参加者はイモに傷がつかないように、丁寧に掘っていきました。

収穫の後は、じゃがいもを蒸し、バターやケチャップ、マスタードなど思い思いの調味料を使って、ホクホクの収穫したてのじゃがいもにつけて味わいました。

また、鯨の皮(おばやき)とじゃがいもの煮物も準備され、参加者はなつかしい味に舌鼓を打っていました。

左上/この日収穫したイモは約150kg

右上/掘りたてのイモを蒸かします

左下/掘りたてのイモの試食&交流会

右下/鯨の皮(おばやき)とじゃがいもの煮物

昨年(H23)のじゃがいも収穫体験はコチラ

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: