25
4月-2011

有明海のガザミ。

shun_gazami_01

 

有明海のガザミの漁期は春から秋にかけて。有明海の潟に生息し、豊富なプランクトンによって身が詰まって美味しいと評判です。

漁師暦28年、ガザミ漁師三代目の堤さんに漁の方法や漁場の見つけ方をお聞きしたところ、「春は抱卵した雌のガザミを餌を仕掛けたカゴで獲り、夏場は活動的に行動する雄のガザミをアミで獲るといった具合に漁の方法は時期により異なります。昔は「山あて(山見)」と呼ばれる方法(山 や島などを目印にして、それらを結んで、目標物のない海上で現在地を知るための方法)で船の位置を確かめて漁を行っていましたが、現在はGPSがその役割 を担っています」とのこと。確実な漁場をナビゲートしてくれるGPSを持ってしても、近年漁獲量は減少傾向にあると言います。

稀少価値が高まりつつある有明海のガザミ。塩や淡口醤油でゆでたり、蒸しガニ、味噌汁などで食べるのが美味。柳川市内の郷土料理店で食べられるほか、鮮魚店で購入することも可能です。

 

shun_gazami_02

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: