こんにちは! 特派員の水落です。

4月に入り「柳川雛祭りさげもんめぐり」も終わりました。

観光バスで来られた方、数名のグループで町中を散策されている方など

例年よりも柳川の観光に訪れた方が多かったように思います。(^^)

平日でもたくさんの「どんこ舟」がのんびりと行き来していました!

さげもんめぐりが終わると「次はなにかしら?」

そうです! 「沖端(おきのはた)水天宮さん」です。

 

柳川市矢留地区にある沖端水天宮祭りのご案内です!

約140年続く沖端水天宮は、明治2(1869)年に、久留米水天宮から「勧請(かんじょう)」(神仏の分霊を他の地に祭ること)され、同地区内にあった「稲荷神社」、「弥剣(やつるぎ)神社(祇園社)」の3社を合祀したものだそうです。

地元では親しみをこめて「水天宮(すいてんぐう)さん」と呼ばれています(^^)/

IMG_1936

IMG_1934

水天宮祭りは5月の3日・4日・5日で行われます。連休最後の6日には、お祭りは終わっていますので、三日間に足を運んでみてくださいね!

祭り当日は、沖端の船着場周辺に多数の露店が出て、たくさんの人で賑わいます。

地元の子供たちは、露店が並ぶ掘割りの周りをぐるぐると何度も行き来するんですよ!

いろんなお店があるんで、見るだけでも子供たちにはとても楽しいようです(^^)

IMG_1929

IMG_1947

IMG_1953

 

また祭りでは、舟舞台「三神丸(さんじんまる)」での囃子(はやし) 演奏をはじめ、いろいろな行事が予定されています。

 

水天宮祭りの詳細はこちらを見てください!

 

白秋生家もすぐ近くです!

IMG_1941

 


「かおり風景100選」

柳川川下りと沖端水天宮祭りが行われる掘割周辺は「かおり風景100選」に選ばれています。

かおり風景100選(かおりふうけいひゃくせん)とは、2001年(平成13年)10月に環境省が日本各地の自然や生活、文化に根ざした香りのある地域を全国から募集し、応募された600件の中から100件を選定したものです。

100選には、花や樹木、潮風、温泉、みかん・カボス・りんご等の果物などの自然の香りのほか、にかわ、墨、線香、茶、塩わかめづくりなどの伝統工芸や地方の特産などに関わるものなど様々な「かおり風景」が選ばれています。

そして柳川は 指定名「柳川川下りとうなぎの蒸籠蒸し」として「かおり風景100選」に選ばれています!

沖端水天宮の周辺には、うなぎ料理をだすお店が何軒もあり、一年中、うなぎを焼く香ばしい匂いがしています。

柳川川下りとうなぎの蒸籠(せいろ)蒸し(福岡県)のかおりレポートとしてこちらでも取り上げられていますのでごらんください。

日本アロマ環境協会の「かおりレポート」はこちら

 

柳川はよかとこですよ!「柳川の掘割の風情」と「うなぎのかば焼きの香ばしい匂い」を感じに来てくださいね! (^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

1

 likes / One comment
Share this post: