18
10月-2012

今、柳川では「愛嬌挨拶(えいぎょうえいさつ)柳川めぐり」が行われています。

「愛嬌挨拶」とは聞きなれない言葉ですが、今から約400年前、柳川藩を改易された立花宗茂公が放浪中、ある主人からお赤飯と、なますを出され手の甲に受け、柳の枝を削り作った箸で食べた故事に由来するそうです。

愛嬌挨拶は「思いやりの心を大切にし、みんな仲良くという」気持ちが込められ、子どもたちが「えいぎょうえいさつ、なかのよかごと」と歌い、家々をまわり、赤飯となますをいただき食べていたそうです(随分昔の話ですが)。

柳川ならではの歴史を感じさせる心温まる話です。

今回、「菊の節句」に合わせ、2週間、市内28の店舗が、それぞれおもてなしを企画し、市民や観光客に店舗を巡ってまち歩きを楽しんでもらおうというのが「愛嬌挨拶柳川めぐり」です。

柳川ブランドショップ「おいでメッセ柳川」も、その参加店舗の一つで、入口には垂れ幕や菊玉が飾られ、店内も鮮やかな黄色で彩られています。

柳川観光プロジェクトチームの皆さんが協力して飾りつけてくれたそうです。

店の前には、黄色いバンコが置かれ、まち歩きの休憩ポイントとして、ゆっくりできます。

「愛嬌挨拶 柳川めぐり」は10月28日(日)まで行われ、おいでメッセでは、土日に赤飯となますの接待がありますよ。

どうぞ気軽に「おいでメッセ柳川」にお立ち寄りください。

また、このイベントと同時開催で27日、28日は「柳川まちかどミュージアム」と骨董市も開かれます。

■問合せ 愛嬌挨拶柳川めぐり 市観光課 ℡0944-73-8111

柳川まちかどミュージアム・骨董市 松月文人館 ℡0944-72-4141

■パンフレット→外面内面

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

0

 likes / 0 Comments
Share this post: